fc2ブログ

記事一覧

【山形】 十四代 本丸 角新 秘伝玉返し 01BY

続いては山形の超入手困難銘柄で、およそ1年ぶり、4度目の家飲みとなる本醸造スペックでした。開栓すると、上立ち香は芳醇で、マスカット様の甘い香りが立ち上がります。口に含むと新鮮なでキュートな酸と、濃醇なお米の甘旨味が大きく膨らんできます。酸味5.5、甘味の4.5くらいの割合で、中盤は一気に形勢逆転、濃厚な甘旨味とコクが主張を強めます。終盤、甘味が後退すると、最後はキリっとシャープな酸が喉の奥へと消えていきま...

続きを読む

【群馬】 水芭蕉 雪ほたか 純米吟醸 スパークリング生酒 01BY

次は昨年12月に続いて、今期2度目の家飲みとなる群馬県の銘柄のスペック違いでした。開栓すると、上立ち香は控え目で、フローラルな吟醸香がほんのりと。一口頂くと、たっぷりの発泡を伴った新鮮な酸に、フルーティーな甘旨味が舌の上に拡がります。酸味5.5、甘味4.5位の割合で、中盤はシュワシュワの甘酸が口の中で踊るような印象です。終盤になって甘味が減少すると、最後はチリッとシャープな酸がキレる後口でした。ちょっと甘...

続きを読む

【青森】 田酒 NEW YEARボトル 2020 純米吟醸 生酒 01BY

次は今年一本目の青森の人気銘柄で、ほぼ1年ぶりの家飲みとなる田酒の新年干支ボトルです。真黒い瓶に2020年の干支であるネズミが田酒のロゴを使って可愛らしくデザインされています。本来ならもっと早く頂くべきですが、今年も買い込むお酒が多過ぎて2月になってしまいました。開栓すると、上立ち香は芳醇で、マスカット様の甘い吟醸香が立ち上がります。口に含むと、新鮮でシャープな酸に続いて、とても濃醇なお米の甘旨味が大き...

続きを読む

【福井】 白龍 純米吟醸 無濾過生原酒 01BY

次は外飲み含め、初めて頂く銘柄で、福井県の家飲み5蔵目となる吉田酒造さんのお酒です。開栓すると、上立ち香は芳醇、甘いマスカット様の吟醸香が立ち上がります。一口頂くと、キュートな酸に続いて、濃醇なお米の甘旨味が大きく拡散します。酸味4.5、甘味5.5くらいの割合で、中盤は濃厚な甘旨味とコクが前面に押出し主役を務めます。終盤に甘味が後退すると、最後はキリッとシャープな酸味が喉の奥へとキレるような後口でした。...

続きを読む

【佐賀】 鍋島 New Moon 純米吟醸 無ろ過生原酒 雄山錦 01BY

次に頂いたのはほぼ1年ぶり、お気に入り銘柄である鍋島の新酒第一弾、New Moon01BYです。開栓すると、上立ち香は芳醇で、マスカット様の吟醸香が華やかに立ち上がります。口に含むと、ガス感の残る新鮮な酸と、とても濃醇なお米の甘旨みが大きく膨らみます。酸味6、甘味4くらいの割合で、中盤はジューシーな甘旨味とコクが一気に前面に押出しを強めます。全体を通し苦渋は皆無で、後半まで濃厚な甘旨味とコクが口の中で踊り続けま...

続きを読む

【新潟】 あべ 純米吟醸 シルバー おりがらみ 生酒 01BY

次の新酒は、13カ月ぶりの家飲みとなる新潟のあべで、今回が4回目の登場になります。開栓すると、おりが絡んで色は薄く白濁、上立ち香は控え目で、メロン様の甘い吟醸香がほんのりと。一口頂くと、チリッとガス感のある新鮮な酸と、濃醇なお米の甘旨味が心地よく拡がってきます。酸味6、甘味が4くらいの割合で、中盤は濃厚な甘酸が一気に前面に押し出してくる印象。苦渋は無く、終盤甘みが減少すると、最後にスッキリ爽やかな酸が...

続きを読む

【埼玉】 花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒 01BY

次の新酒は、今期2種類目の家飲みとなるお気に入りの花陽浴の、純吟八反錦スペックでした。開栓すると、上立ち香は芳醇で、パイン様の甘い吟醸香が華やかに立ち上がります。口に含むと、新鮮でキュートな酸と、とても濃醇なお米の甘旨味が大きく膨らんできます。酸味6、甘味4くらい割合で苦渋は無く、中盤はジューシーな甘酸とコクがさらに押出しを強めます。終盤に甘みが後退すると、キリッと辛口の酸が喉の奥へと消えていきまし...

続きを読む

【栃木】 仙禽 初槽 直汲み なかどり 01BY

次の新酒は、およそ2年ぶりの家飲みとなる、栃木の地元産にこだわった酒蔵のお酒です。開栓すると、上立ち香は控え目で、ほのかに甘酸っぱい吟醸香がほんのりと。一口頂くと、ガス感たっぷりの新鮮な酸に続いて、濃醇なお米の甘旨味が拡がります。酸味6、甘味4くらいのバランスで苦渋は無く、中盤はジューシーな甘酸がさらに主張を強めてきます。終盤にかけて甘味が減衰すると、最後はキリッとシャープな酸が喉の奥へとキレる後口...

続きを読む

【福島】 泉川 純米吟醸 ふな口本生 01BY

次の新酒は凡そ11カ月ぶりに頂く福島の地酒で、飛露喜を醸している蔵元の地元向け銘柄です。開栓すると、色は僅かに薄濁り、上立ち香は芳醇で甘い果実系の吟醸香が華やかに立ち上がります。口に含むと、フレッシュでキュートな酸と同時にとても濃醇なお米の甘旨味が大きく膨らみます。酸味6、甘味4くらいの割合で、中盤は厚みのある甘酸としっかりしたコクが主役を務めます。苦渋は無く、終盤に甘みが減少すると、最後はキリッとシ...

続きを読む

【栃木】 姿 純米吟醸 発泡にごり生酒 Sparkling‐SUGATA 01BY

次は半年ぶりに頂く栃木の姿ですが、今回は初めての家飲みとなる発泡にごり生酒スペックでした。開栓する際は、吹き出し注意の表記通り、栓をちょっと開けては閉めて繰り返す必要があります。グラスに注ぐと色は白濁しており、上立ち香は控え目で、甘い吟醸香がほんのりと。一口頂くと、たっぷりの発泡を伴うシャープな酸に、ジューシーな甘旨味が拡がってきます。酸味が5.5~6、甘味が4~4.5くらいで、中盤はガス感に溢れた甘酸が...

続きを読む

【静岡】 臥龍梅 純米吟醸 五百万石 直汲み生原酒 01BY

次は1年3か月ぶりの家飲みとなる静岡の臥龍梅で、今までで初めての純吟五百万石スペックです。開栓すると、上立ち香は芳醇で、フローラルな甘酸っぱい吟醸香が立ち上がります。口に含むと、新鮮でシャープな酸に、ジューシーなお米の甘旨味が大きく拡がってきます。酸味6、甘味4くらいの割合で苦渋は無く、中盤はフルーティーな甘旨味とコクが押出しを強めます。終盤になって甘味が減少すると、キリッと辛口の酸が喉の奥にキレる後...

続きを読む

【長崎】 よこやま 純米吟醸 SILVER 生酒 01BY

次の新酒は一年8カ月ぶりの家飲みとなる長崎の地酒で、今回が初めて頂くスペックでした。開栓すると、上立ち香はとても芳醇で、マスカット様の甘い吟醸香が華やかに香ります。一口頂くと、フレッシュでジューシーな酸と、濃醇なお米の甘旨味が大きく膨らんできます。酸が6、甘味4くらいの割合で苦渋は無く、中盤フルーティーな甘旨味にコクが加わり主張を強めます。終盤に甘味がゆっくりと減少すると、最後はキュートな甘酸が喉の...

続きを読む

【北海道】 上川大雪 特別純米 しぼりたて 彗星生 01BY

次の新酒は外飲みを含め初めて頂く地酒で、北海道としては3蔵目の家飲みとなる上川大雪です。開栓すると、上立ち香は芳醇で、甘酸っぱい純米香が立ち上がってきます。口に含むと、フレッシュでシャープな酸味と、フェミニンなお米の甘旨味が大きく膨らんできます。酸味5.5、甘味4.5くらいの割合で、ややビター感が顔を出した甘旨味が中盤を支配します。終盤、甘味が縮退すると、チリッとビターな旨酸味が喉の奥へとキレていく後口...

続きを読む

【山形】 秀鳳 豊穣感謝祭 純米大吟醸 ヌーヴォー 生原酒 01BY

開栓すると、上立ち香はやや控え目で、マスカット様の甘い吟醸香がほんのりと。一口頂くと、新鮮でジューシーな酸に続き、濃醇なお米の甘旨みが舌の上に大きく拡がります。酸味5.5、甘味4.5くらいの割合で、中盤は濃厚な甘旨味とコクが一気に前面に押出しを強めます。終盤になって甘味が減少すると、キュートな酸味がスッキリと喉の奥にキレる後口でした。フルーティー&ジューシーな純米大吟醸でオレンジリカーのような味わい...

続きを読む

【埼玉】 花陽浴 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒 01BY

今年2本目のお酒はお気に入り花陽浴の、令和01BY新酒第一弾、純吟美山錦スペックでした。開栓すると、上立ち香は芳醇で、パイン様の甘酸っぱい吟醸香が立ち上がります。口に含むと、新鮮でキュートな酸と、とても濃醇なお米の甘旨味が大きく膨らんできます。酸味6、甘味4くらい割合で苦渋は無く、中盤はフルーティーな甘旨味とコクがさらに主張を強めます。終盤に甘みが減少すると、フェミニンな余韻を残し、スッキリとした酸が喉...

続きを読む

【三重】 而今 純米大吟醸 NABARI 2018 山田錦 火入れ 30BY

2020年の1本目、目出度い元旦に頂いたのは、三重県の入手困難酒の高級スペックでした。開栓すると、上立ち香は芳醇でフローラルな品のある吟醸香が華やかに立ち上がります。一口頂くと、キュートな酸を感じ、続いて濃醇なお米の甘旨味が舌の上で大きく膨らみます。酸味6、甘味4くらいのバランスで、序盤は爽やかな甘酸が舌の上で踊りだします。苦渋は皆無で、中盤になると厚みのある旨味に深みのあるコクが主役に躍り出てくる印象...

続きを読む

【福島】 冩楽 純米吟醸 おりがらみ 生酒 01BY

2019年の最後のお酒は、1月に頂いたお気に入り冩楽と同じ、純吟おりがらみ生酒スペックです。開栓すると、上立ち香は芳醇で甘酸っぱい柑橘系の吟醸香が立ち上がります。口に含むと、フレッシュな酸と同時に、とても濃醇なお米の甘旨味が大きく膨らんできます。酸味5.5、甘味4.5くらいの割合で苦渋は無く、中盤は厚みのある甘旨味とコクが主役を務めます。終盤になって甘味が減少すると、スキット爽やかな酸が喉の奥へキレる後口で...

続きを読む

【広島】 賀茂金秀 純米 しぼりたて 生酒 01BY

次およそ4年半ぶり、久しぶりに頂く広島の賀茂金秀の純米しぼりたて生酒スペックでした。開栓すると、上立ち香はやや控えめでフローラルな香りがほんのりと。一口頂くと、キュートで新鮮な酸を感じ、続いてフェミニンンなお米の甘旨味が大きく拡がります。酸味6、甘味4くらいの割合で、中盤は適度にバランスされた甘酸が舌の上で心地よく踊ります。終盤甘味が減少すると、再びキュートな酸味が喉の奥へと消えていきました。開栓直...

続きを読む

【徳島】 三芳菊 等外山田70 ドット絵新酒 しぼりたて生 01BY

次の新酒は、14か月ぶりに頂く徳島の地酒で、今回で3度目の家飲みでした。開栓すると、上立ち香は甘酸っぱい香りがほんのりと、色は薄い琥珀色です。口に含むと、キュートな酸にフェミニンな甘旨味がゆっくりと口の中に拡がってきます。酸味が5.5、甘味が4.5くらいで、中盤ジューシーな甘味が一気に前面に押し出してきます。終盤も、甘味と酸味が微妙にバランスしながらフルーティーに喉の奥へと消えていきました。やはり今回も甘...

続きを読む

プロフィール

くりのとげ

Author:くりのとげ
日本酒をこよなく愛する飲兵衛親爺の家飲み備忘録( ´艸`)
家飲み晩酌中心、時々外飲み…という感じです♪
全国47都道府県の地酒を紹介(≧▽≦)ノ

YahooBlog終了前に、過去記事のバックアップ、特にコメントの保存目的でお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒ランキング

カテゴリ

ランキング

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ